健康のためにやっていること|ウォーキング|階段昇り|かかと落としe.t.c

健康のためにスポーツジムへ通ったりプールに行く。もちろんそれはそれで良いことです。しかし、普段の生活を送っている中でも運動や身体に良いことって色々できます。そして、それがお金がかからないというところがポイントです。会費を払ってジムに行くというのは、ひとつのモチベーションになります。でもこれが逆にストレスになっていくのも確かです。自分が実際にやっている「健康のためにやっていること」をご紹介いたします。

ピロリ菌と胃がん|検査はどうやって?|除菌すればもう大丈夫?

ピロリ菌に感染していると胃がんになりやすいと言われています。胃がんに対して不安を感じている方は、自分がピロリ菌に感染しているかどうか知りたいところでしょう。ではピロリ菌に感染しているかどうかはどう調べればいいのでしょうか。 また、感染していた場合どうすればいいのでしょうか。

牛乳は健康に良い悪い結局どっち?|捨てがたい効果|気になるリスク

昔から牛乳は健康によい食品・飲み物として扱われてきました。カルシウムが多く含まれているので骨が元気になる、背が伸びるなどと言われてきました。そんな牛乳ですが、最近では飲まない方がいい説も現れています。本当は飲まない方がいいのか、飲んでも問題ないのか、むしろ飲んだ方がいいのか、よくわかりません。いったい何が正しいのでしょうか。

物忘れ&認知症を予防!|血糖値下げシンプル3点対策!|もの忘れチェック

最近物忘れがひどくて…やっぱりトシのせいなのかな、とお思いの方、もしかしたら原因は「血糖値」なのかもしれません。買い物に行って何を買うのか忘れたりとか、料理を電子レンジに入れたのを忘れて一晩入れっぱとか…。この物忘れの原因が単なる加齢によるだけでなく、高血糖が影響しているということがわかってきました。糖尿病予防もそうですが、将来の認知症リスクを減らすためにも血糖値を下げるというのは重要なポイントになります。

がんにならない検査?! どういうこと?! |一生に1回でOK・無料・たった3分|ガッテン!

がんの検査というと、「がん」が出来ていないかどうかを検査するのが一般的ですよね。早期発見&早期治療が大原則です。 しかし、「がんにならない為の検査」というものがあります。なんと、それも無料で、3分で終わって、しかも一生に1回でOKなんだそうです。いったい何の検査なんでしょうか。どうやって受けられるのでしょうか。

原因は貧血!?|口内炎、乾燥肌、抜け毛、体調不良|鉄鍋・鉄玉子で鉄補給!

原因が何だかわからないけど、だるかったり、肌が荒れていたり、口内炎がしょっちゅうできる、など、とにかく体調がよくない、そういうことってありませんか?このよくわからない体調不良の原因が、貧血かもしれないのです。体調不良がなかなか改善しないけど、なぜだろうとお悩みの方、ちゃんと鉄分を補給すれば改善するかもしれませんよ。

座りすぎが寿命を縮める!| 座っている=無重力 ⇒ 老化スイッチON!

「座りすぎ」が健康に影響を与え、寿命まで縮めてしまうという事をご存知ですか?。座りすぎというのは、1日の中に占める座った状態でいる時間が長すぎるというものです。研究により、座っている時間が長い人では短い人に比べて、心疾患・動脈硬化・糖尿病・がんなどの病気リスクが数倍高いということが判明。また、座りすぎは宇宙空間の無重力と同じ状態ということで「老化スイッチ」がオフにならず老化が進んでしまうことも判りました。座りすぎを防止するにはどうしたらいいのでしょうか。

悪性黒色腫(メラノーマ)|爪・手のひら・足の裏のホクロは要注意

悪性黒色腫(メラノーマ)は、皮膚の色素細胞やほくろの細胞がガン化したものです。日本人は手足や爪にメラノーマができることが多いそうです。手のひらや足裏にホクロがある場合は特に注意が必要です。というのも、手のひらや足裏は、ものを掴んだり歩いたりなど刺激を受けやすい場所だからです。日ごろから大きさや色に変化が起きていないか注意しておきましょう。爪のホクロや黒いスジがある場合も同様の注意が必要です。そして、ホクロなどに対して絶対にやってはいけないことがあります。

葉酸の効果|動脈硬化や認知症を防ぐ|妊婦さんにも重要|1日の摂取量は?

「葉酸」という聞いたことがあるようなないような名前をご存知ですか?どうやらビタミンの一種で、ビタミンMとかビタミンb9などの別名があります。このようなマイナーなビタミンであっても、身体にとってかなり重要らしいのです。葉酸は妊婦さんにとっても重要なビタミンで、胎児の身体の組織を形成するうえで必要な栄養素です。さらに、葉酸を充分に摂取していると、そうじゃない場合に比べて認知症や動脈硬化の発症のリスクが半分ほどに減少することがわかっています。ではこの葉酸は、どのようにどのくらい摂取すればいいのでしょうか。

脳卒中(脳出血・脳梗塞)の前兆と症状|生死を分けるポイント! | 主治医が見つかる診療所

脳卒中(脳出血・脳梗塞)は脳内の血管が詰まったり破れたりすることで起きる脳の障害です。脳卒中が起きてしまった時の「生死の分かれ目」は、とにかく処置の速さに尽きます。そのためには、前兆や発症時の症状を日ごろから把握しておくことが重要です。たとえ軽い症状であっても見逃さず、すぐに救急対応することで、症状が軽く済みます。また、重篤な症状に陥ってしまった場合でも、決して救急に連絡することを諦めないことです。また、脳卒中が起きた場合に発生する顔や身体の変化について、普段から認識しておくことで早めの対応が可能になります。