正常眼圧緑内障|点眼薬以外の改善法?|ウォーキング&マッサージetc

昨年の人間ドックの眼科検査で、視神経乳頭陥凹(かんおう)拡大で緑内障の疑いあり要精密検査となってしまいました。は?目なのに乳頭? 

疑問に思いつつ眼科に行ってきました。

緑内障という名前は、聞いたことあるぐらいで、いったいどんな病気なのか全然知らなかったので、調べてみました。いやぁ、緑内障って怖い病気なんですね…

スポンサーリンク

緑内障とは

簡単に言えば、眼圧が高くなることにより視神経が圧迫され、視神経が損傷されることで視野が欠損したり、最悪の場合は失明にいたる病気です。視神経は目が捉えた画像信号を脳に届ける伝達経路なので、視神経が少しずつなくなっていくということは、脳に伝わる信号が少しずつ減っていってしまうわけです。40歳以上の20人に1人の割合で発症していると言われています。

病気が進行するまで自覚症状を感じにくいことが多いとのことです。つまり、自覚症状が現れるときは、すでに病状がかなり進行しているということになります。ということは人間ドックで見つからなければ、気づかないまま進行していたかもしれません。

初期段階では自覚症状がない

実は、緑内障により片方の目の視野に欠損を生じたとしても、もう一方の目で画像を補うことで脳には画像情報が正常に届くので、初期では自覚症状がありません。

しかし、病気が進行すると、両目で補完しあいあうことに限界が生じ、見えない部分があることを自覚するようになってきます。しかし、自覚症状が出てきた段階では手遅れになる可能性があります。

原因は何か

緑内障は眼圧が原因ということですが、では、そもそも眼圧が高くなる原因は何なんでしょう…。

眼球の内部は房水(ぼうすい)という液で満たされています。この房水は、毛様体という部位でつくられ、目に必要な栄養を眼球内に運びつつ、シュレム管より排出されます。

房水は通常このサイクルにより一定の圧力をキープし、眼球のかたちを保つ役割も果たしています。この房水の圧力を眼圧といいます。

何らかの原因で房水が排出されなくなると、眼圧が高まり視神経を圧迫してしまいます。このため視神経が潰された状態になり視神経が徐々に死んでしまうことで視野に欠損が生じてくるわけです。

 

緑内障の病型

・原発解放隅角緑内障

隅角が解放されているが、繊維柱帯かシュレム管が詰まってしまい房水の排出がうまくいかなくなり眼圧が上昇し緑内障になる型。

・原発閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなって閉塞状態になって、房水の排出がうまくいかなくなり眼圧が上昇し緑内障になる型。

・正常眼圧緑内障

眼圧が高いのが原因ということであれば、眼圧を下げる対策をとればいいのですが、眼圧が正常であるにもかかわらず、緑内障が発症することがあります。実は、日本では正常眼圧緑内障が最も多く、緑内障患者の6~7割がこの型です。

自分もこの型です。

緑内障になりやすい人

緑内障になりやすい人というのがあるようで、次にあげる項目に該当する場合は注意が必要です。

  • 血縁者に緑内障の人がいる場合は、通常よりはなる確率が高くなります。
  • 強い近視の場合、眼球が大きく変形することから視神経や視神経周囲が傷みやすい傾向があります
  • 緑内障は血流障害で視神経障害が進む場合があるので、低血圧の人、冷え性の人などは、注意が必要です。
  • デスクワークなど長時間下を向いたまま仕事をしている人や、一度に大量の水を飲む人は、眼中の水の流れを滞らせ眼圧を上げてしまう可能性があります。
  • 睡眠時無呼吸症候群の人は、目に酸素や栄養が届きにくいため、視神経が弱くなりやすいです。

自分はいくつか該当します。デスクワークなため、平日はあまり動きません。パソコンで文書を作成したり、資料読んだり取引先と電話連絡したりという業務が中心です。それに無呼吸症候群の可能性もあります。

 

検査方法

  • 眼圧検査

眼圧の高さを測定します。測定器械には、目に直接接触させて測定する器械や、目に圧縮空気を吹き込んで測る機械などがあります。

  • 視野検査

光の点が見えたらボタンを押して合図する方法で、見える範囲や敏感さを調べます。
結構しつこくやるので疲れますが、視野の欠損があるのか、それがどの程度なのかがわかります。

自分の場合、左目の一部に欠損があるとの検査結果になりました。ほんの一部の欠損ですが、やはりショックでした。普段の生活では視野に欠損があるとはまったく気づいていません。

  • 画像検査(OCT)

網膜の断面図を見ることができます。緑内障の早期診断などに役立ちます。

 

正常眼圧の場合の対策

1.さらに眼圧を下げる

正常眼圧なのに緑内障になってしまうのはなぜでしょう。それは正常眼圧であったとしても、実はその人にとってはまだ眼圧が高いということになります。じゃあどうすればいいのかというと、さらに眼圧を下げることなのですなので、処方される点眼薬をきちんと続けることがまず重要となります。

事実、自分は点眼薬により少しずつ下がってきています。2年前16~17mhgだったのが、今では12~13mhgです。

 

2.活性酸素の影響を減らす

緑内障とは眼球と脳をつなぐ視神経が高い眼圧により損傷することが主原因ですが、眼圧以外の原因として「篩状板(しじょうばん)」の損傷も関連しているようです。篩状板とは視神経が眼球から脳に向かうときに通る組織です。この篩状板が薄くなると緑内障の症状が進むことが研究で明らかになっています。この篩状板が薄くなるような原因には、活性酸素が大きく関係しているようです。

私たちが生活する中で発生する活性酸素は、生命活動をするうえでどうしても必要なものなのですが、発生しすぎると逆に細胞を傷めつける原因ともなります。したがって、活性酸素に対応することで緑内障の進行防止につながっていくと考えられます。

活性酸素の対策として以下があります。

① 激しい運動をしない
激しい運動は活性酸素を大量に発生させます。運動する場合はウォーキングのような軽めのものがお勧めです。

② 精神的なストレスを溜めない
日常的に強いストレスを感じ続けると活性酸素を発生させます。上述したウォーキングなどはストレス解消の効果が期待できます。ウォーキング以外にもストレスを解消する方法を取り入れたいところです。

③ 外部環境に注意する
強い紫外線や排気ガスなどにさらされると活性酸素を発生させます。ウォーキングなどで外出する場合は、防止やサングラスなど紫外線対策をし、交通量の激しい場所を避ける方が賢明です。

④ 食品添加物を控える
有毒度の大きい添加物ほど、活性酸素の発生量も多くなります。インスタント食品やジャンクフードは極力控えましょう。

⑤ 喫煙をしない
タバコの煙に含まれるニコチンやタールは活性酸素を大量に発生させます。喫煙されている方は直ちに禁煙することをおすすめします。

3.目の周辺の血行改善を図る

緑内障の原因のひとつに、目の周辺の血行不良が関係しているようです。眼球周辺の毛細血管の衰えにより視神経が劣化していると考えられています。いかにして目の周辺の毛細血管の劣化を防ぎ、劣化してしまった毛細血管を蘇らせるかがカギです。

①ウォーキング

ウォーキングなどの軽い運動により血行改善を図ります。ちょっと遠回しな方法かもしれませんが、ウォーキングは全身の血行改善につながります。当然目の周辺の血行改善にも作用します。1日の推奨歩数は人により多少差異はありますが、凡そ8千歩前後がお奨めです。

②目の周辺マッサージや温め

目の周辺のマッサージをすることで直接血行改善を促す方法です。眼球そのものではなく、眼窩のくぼみのフチ周辺を軽くマッサージします。1日1回5分程度でも効果がありますが、1日数回やるとさらによいでしょう。また、目の周辺を温めることで血行が良くなるので、マッサージの前後に蒸しタオルなどで目の周辺を温めることをおすすめします。
マッサージについて注意することがあります。マッサージを眼球に対してやらないようにすることです。眼球はデリケートなものなのでマッサージなどの圧力を加え続けると網膜剥離などの原因になり得るからです。マッサージはあくまでも眼窩のくぼみのフチ周辺に限ります。

③血液そのものを改善する

血行が改善されたとしても、赤血球数が少ない、またはヘモグロビンの値が低いような状態、いわゆる貧血状態だと十分な酸素や栄養素を細胞組織に送り届けられず、効果も半減してしまいます。
鉄分・亜鉛・ビタミンCなどは赤血球の基になるのでしっかり摂りましょう。タンパク質は心臓などの臓器・血管の材料となります。塩分や水分が不足すると低血圧に陥り血流が悪くなります。

④ガムを噛む

意外なことなのですが、ガムを噛むことで眼圧が下がるという報告があるようです。その理由はまだハッキリしていません。
6人での実験を行ったそうです。実際にガムを噛んで、噛む前後で眼圧を測定するという実験です。結果、12眼(6人)中9眼が下がり、2眼が変化なし、1眼が上昇したそうです。12眼の平均眼圧が14.8mから13.8mに下がったそうです。しかもその効果は実験終了後20分間程度持続したとそうです。
実験は数人だったのですべての人に当て嵌まるかどうかはわかりませんが、可能性としては期待が持てます。
下がる理由について、あくまでも推測の域を出ませんが、まず1つに、ガムを噛む動作が目の周辺の筋肉を使うことで、目の周辺の血流が良くなるということ。2つ目に、ガムを噛むことでリラックス効果が生まれ、乱れていた自律神経が調整されたことで眼球内の房水の排出が促されるということ。
このガム噛みも眼圧低下対策として取り入れてみては如何でしょうか。

4.無呼吸症候群の改善

睡眠時無呼吸症候群が緑内障に関係しているという報告があります。睡眠時の低酸素状態が目に酸素や栄養が届きにくくするため視神経が弱くなってしまうというものです。もしご自分に睡眠時無呼吸症候群である疑いがある場合は専門医にかかるなど改善を図りましょう。

 

5.その他注意点

① デスクワークで気を付けること
デスクワークの人は、書類やパソコンを見ている時間が長いです。目を下に向けている体勢は眼圧を上昇させる要因になります。座りっぱなしにしないで時々立ち上がったり、視線を別の方へ向けたり、できればオフィス内をぶらっと散歩したりしましょう。まあ、これは緑内障防止のためというよりは、一般的に健康のために奨励されていることです。

② 大量に一気に水を飲まない
水を大量に一気に飲むと、体内の水分が一気に増えるということになり、眼圧を上げる要因にとなります。水を飲む場合は一気に大量ではなく、少しずつ数回に分けるようにしましょう。

 

補足:過度な目のトレーニングは危険

緑内障とは直接関係ありませんが、世界的にも権威のある目のドクターが注意として言っていたことです。
目にとって一見よさそうな、目のトレーニングついて。

目のトレーニングとして、目を上下左右に動かし筋肉を鍛える方法などが紹介されていますが、過度な目のトレーニングは効果があるどころか逆効果になるというものです
眼球の中の硝子体は房水で満たされていますが、目を動かすことによって房水も動きます。房水が動くことで網膜が引っぱられ、それが原因で網膜剥離になる危険があるからです。もしトレーニングをするとしても過度にならないように、また、眼球を動かすスピードもなるべくゆっくりがお奨めです。

自分のデータ

病型:正常眼圧緑内障

薬 :ミケランLA点眼液1%(眼圧を下げる薬) 1日1回

眼圧の変化

  眼科検査(投薬後) 人間ドック
単位mhg 今回 2か月前 4か月前 今年 1年前 2年前
右目 12 15 16 16 16 16
左目 13 15 16 16 16 17

 

厚生労働省による注意喚起が必要

人間ドック眼科検査を受けたことにより緑内障であることがわかり、治療を始めることができました。検査って重要なんだと改めて思いました。早期発見できれば、治すことはできなくても、進行を遅らせたり止めたりすることができるわけですから。

しかし、緑内障を発症している人のうち9割が自覚していないと言われています。人間ドックと言わないまでも、眼科などで検査すべきだと思います。検査した結果緑内障でなければ何よりだし、何と言っても早期発見し治療により進行を抑えられることが重要です。

厚生労働省ももっと声高に緑内障に対する注意喚起をするべきだと強く思います。

裏に隠れている根本原因

緑内障や飛蚊症などは加齢などが原因とされていますが、自分が実際になってみて感じたことは、根本原因はもっと別にあるということです。ならない人は一生なりません。自分より高齢な人でも緑内障はおろか飛蚊症になっていない人はたくさんいます。ということは加齢だけが原因ではないということです。

自分は、目に起きる不具合の裏にはもっと大きな問題が隠れていると感じています。目の不具合は身体からの警告だと思います。
目の不具合を改善するためには、裏に隠れている「根本原因」から見直していかないとなりません。つまり生活習慣や食生活です。目の不具合を放置していればやがてもっと大きな問題が現れてくるのではないでしょうか。

まとめ

・自覚症状がないまま進行し、自覚症状が現れた頃には手遅れの場合がある。

・原因は、眼圧により視神経が圧迫され視神経に障害が起きることによる。

・正常眼圧での緑内障が6割ほどある。

・正常眼圧の場合でも治療の基本は眼圧を下げる薬の点眼である。

・点眼薬以外の対策

①長時間書類やパソコンに視線を落とさない
②水を一気に大量に飲んだりしない
③食生活の改善を含む、生活習慣の改善により血行不良を防ぐ
④ストレスを溜めない
⑤睡眠時無呼吸症候群の人は症状改善をはかる
⑥喫煙をしない
⑦ウォーキングをする
⑧眼球の周りをマッサージする
⑨目の周辺を蒸しタオルなどで温める
⑩血行改善とともに、低血圧や血液そのものも改善する
⑪ガムを噛む

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする