睡眠時無呼吸症候群(SAS)|検査と治療|自分でできる対応は?

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に何度も無呼吸になる病気です。
無呼吸とは、10秒以上呼吸が止まる状態をいいます。
無呼吸が、睡眠中に30回以上、または1時間に5回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時無呼吸症候群は、英語の「Sleep Apnea Syndrome」の頭文字をとって「SAS」と呼ばれます (ここでもSASと表示します) 。
ほとんどの人はSASとしての自覚がなく、家族などから言われてわかることが多いようです。実は、自分もSASの疑いがあります。自分が患っている「緑内障」の原因のひとつにSASも関係しているとも言われています。ということで、SASの症状や原因は何か、どんな影響があるのか、改善方法・治療方法は何かを調べてみました。

スポンサーリンク

SASの症状

 睡眠中に無呼吸が繰り返されると、本来休息のための睡眠が妨げられてしまい、休息どころではなくなってしまいます。そのため、覚醒時(起きている間)に強い眠気がしたり、だるい感じがしたり、集中力に欠いたりします。

 もしかしたら自分もSASかもしれないと疑っている人は、以下のチェックポイントを確認してみてください。何個も当てはまる人はSASの可能性が高いと言えます。

  • 寝ている間いびきをかきやすい
  • 寝ている間息苦しさを感じたり、むせたりする
  • 目覚めたとき寝汗をかいている
  • 目覚めたとき口が渇いている
  • 目覚めたとき頭痛がする
  • 目覚めたとき寝た感じがしない(疲労感が抜けていない)
  • 仕事中などにひどい眠気がしたり、倦怠感がある
  • 仕事中などに集中力を欠くことが多い

SASの原因

 横向きで寝ている場合はあまり問題ないのですが、仰向けで寝ていると重力により舌が下方(喉の奥に)に落ち込みます。通常それだけでは気道が塞がってしまうことはありませんが、肥満などで舌の周囲に脂肪が多い場合や、扁桃腺が肥大している場合、そもそも生まれつき気道自体が狭い場合などでは、気道スペースがなくなり呼吸が止まってしいます。呼吸が止まっていると段々苦しくなって無意識に身体の向きを変えたり咳き込んだりして呼吸が再開されます。これを何度も繰り返してしまいます。おちおち眠っていられません。

以下の特徴のある人はSASになりやすいと言えます。

  • 首が短い、首が太い
  • 下あごが小さい、小顔
  • 下あごが後方に引っ込んでいる
  • 舌や舌の付け根が大きい

SASの深刻な身体的影響

 SASの影響は、仕事中に眠気がひどい、集中力がない、疲労感が抜けない、などだけでなく、もっと深刻な身体的影響があります。高血圧、脳卒中、心筋梗塞など、循環器系の病気を引き起こす懸念があるのです。
単に寝不足やストレスだけでなく、酸欠状態の身体の組織へのダメージがそれだけ深刻だということなのです。さらに SASの怖いところは、自覚症状がないことから長年酸欠状態に晒されてしまう点です。

以下は、SAS患者の健常者に対するリスクの数値を表しています。

高血圧症    :約2倍
脳卒中     :約4倍
狭心症・心筋梗塞:約2~3倍
糖尿病     :約2~3倍

(「循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン」より)

SASが緑内障の原因のひとつ

 失明につながる緑内障という病気の原因は眼圧が高いことがあります。緑内障の一般的な治療として眼圧下げる点眼薬が用いられます。
眼圧以外の原因のひとつとして、SASがあるようです。
緑内障とは視神経が何らかの理由により死滅していく病気ですが、SASによる酸欠状態が視神経に悪影響を与えるらしいのです。SASの改善は緑内障改善につながる可能性があります。 (緑内障に関してはこちら)
自分の場合、いびきが酷いことは知っていましたが、SASであるかどうかはわかりません。家内に聞いてみても「そう言えば止まっている時があるかなぁ、でも私も寝ちゃっているからよくわからない」と言われ、どうもはっきりしません。

睡眠時の状態を録音してみる

 病院にかかる前に、試しにボイスレコーダーで寝息を録音してみるのもいいかもしれません。
ということで、実際にやってみました。
音声があるときだけ録音する機能付きのボイスレコーダーを使いました。これだと長時間の再生が必要ないからです。
やはり時々激しいいびきをかいています。さらに、明らかに息が止まっていて10秒を超える状態が、2回ほど確認できました。どうもちょっとSASの疑いがありそうです。

検査について

 まずは病院で医師の問診を受けて症状などを伝えます。
問診の結果どうやらSASの可能性が高いとなったら検査をすることになります。検査には、自宅で簡単にできる簡易的なものと入院して精密に検査するものとあります。

自宅での簡易検査

 病院より貸し出されたパルスオキシメトリーというセンサー器具を寝る前に指に着用します。

 この器具は皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定します。呼吸が十分でないと酸素が十分に取り込めないため血中の酸素が不足するので、SASかどうかが分析できるという理屈です。

入院してでの精密検査

 簡易検査した結果、もう少し詳しい検査をした方がよいとなった場合は、一泊入院でのポリソムノグラフィーという精密検査を行います。
この検査では、脳波・呼吸・心電図・いびき・酸素飽和度などのセンサーを取り付けて一晩中記録したのち、医師や専門家が解析します。

治療について

CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)療法

 日本語では持続陽圧換気療法と言い、シーパップと読みます。SASの最も効果的な治療法と言われています。鼻にマスクを装着し気道に空気を送り込むことによって、気道が塞がってしまうのを防ぎます。また、装着している間データは記録され、解析することもできます。

 CPAP療法を行うときは、装置の正しい使用方法などをマスターするために一泊入院する場合もあります。

最初は慣れなかったり違和感を覚えたりでよく眠れない場合がありますが、医師の相談を受けながら徐々に慣れるようです。

マウスピース

 比較的軽度なSASの場合、マウスピースを使った治療方法があります。マウスピースで下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで、SAS発症原因である下あごの落ち込みによる気道狭窄を防ぐものです。

 因みに上記で挙げた検査や治療については保険適用ですので費用の心配はありません。一度病院で検査を受けてみてください。

自分でできる改善方法

 SASかどうか病院で検査をし対応方法や治療方法を確認するのが重要ですが、普段からの対策も必要です。

● 肥満解消
もし肥満体であったりメタボ指導をされているような場合は、肥満解消により上気道付近のぜい肉を減らすことで上気道が広がり無呼吸改善につながります。

●  飲酒を控える
飲酒は筋肉を弛緩させます。そのため首や喉の上気道を支える筋肉も弛緩することから舌が落ち込みやすくなります。寝酒などは控えましょう。

●  横向きに寝る
仰向けに寝ると無呼吸になりやすいので、横向きに寝るようにしましょう。といっても寝ている間の姿勢のキープは難しいので、抱き枕を使ったり、タオルケットなどをたたんで背中側に置いて寝返りを抑えるなど、工夫が必要です。

●  強制的に鼻呼吸にする
寝ているあいだの口呼吸を強制的に防ぐ方法もあります。これは口にテープを使って塞いでしまい強制的に鼻呼吸にする方法です。半信半疑だったのですが、試しにアマゾンで購入しやってみました。意外に効果があります。これを使った時の睡眠時の録音を聞いてみると、相変わらずいびきは聞こえるものの軽いびきで、無呼吸になることはありませんでした。粘着テープによる唇周辺の肌荒れが気になったのですが、そういうのもありませんでした。
その他に鼻の穴を広げる鼻腔拡張グッズなど色々あります。

●  自己検査:パルスオキシメトリー購入
指にはめて動脈血酸素飽和度(SpO2)をチェックする器具は一般に販売もされていて、ネットなどで購入できます。アマゾンなどでも5千円ぐらいのものから高級機器まで色々あります。 ただし、これで検査した結果でSASではないなと安心しないようにしてください。あくまでも目安なので、最終的には病院でちゃんと検査することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする