胆石と胆のうガンとの関係|胆石があると胆のうガンになりやすいのか

胆石とは、胆のうや胆管や肝臓にできる結石です。胆石のうち最も多いのが胆のう結石で、約8割が胆のう結石です。

自分も、最近の健康診断で胆のうに胆石があることがわかりました。長年人間ドックや健康診断を受けてきましたが、今まで胆石はありませんでしたので、ちょっとショックでした。

色々な原因が考えられますが、やはり食事と運動の関係なんだろうと思います(汗)。

そこで、まずは胆石のできる原因と対策をさぐってみようと思います。

スポンサーリンク

胆のうの働きとは

肝臓で作られた胆汁は十二指腸に送られます。しかし胆汁は直接十二指腸に送られるわけではなく、いったん胆のう内に溜められます。そして胆のうでは胆汁を濃縮します。油っこい食事をすると、胆のうがこの濃縮された胆汁を十二指腸に出して油分などの分解をします。このように、胆のうは胆汁を効率よく使えやすくする器官といえます。

胆石ができる原因

胆石ができる原因はいろいろありますが、いちばん多いのはコレステロールによる結石です。胆のうで胆汁が濃縮される際に、何らかの原因でコレステロールの結晶ができます。この結晶のいくつかが互いにくっつきあって結石に成長していきます。これがコレステロール結石です。

 

胆石の症状

胆石があるからといって、必ずしも症状があるとは限りません。胆石を持っている人の約2割は症状がないといわれています。

自覚症状としては以下のものがあります。

<痛み>

脂っこいものを食べたあとなどに痛む場合があります。初期症状の段階では、痛みが出たとしてもしばらくすると痛みがひいてしまうことも多いです。

また、痛みかたは人によって異なります。自覚症状のナンバーワンは、右側の肋骨あたりに感じる痛みです。右胸側から背中側に抜けるように痛むこともあります。

他には、みぞおち、おヘソの上のほう、右肩甲骨の下、腰のあたり、いろいろな所に出ます。「右肩こり」と感じる場合もあります。痛みの種類も、差し込むような鋭い痛みや、重苦しい鈍痛、など一様ではありません。

<発熱>

胆石は、発熱を伴う場合があります。

胆石により胆のう内に細菌感染が発生すると発熱が起きることがあります。悪化すると急性胆のう炎になり、38度以上に発熱する場合もあります。

痛みがなく発熱だけの場合、単なる「風邪」と診断してしまい、胆石の治療がされないまま症状が悪化してしまうことがあります。発熱が長引くので、右の肋骨の下の方を触診すると硬さを感じたり、また押すことによって痛みを感じたりすることで、はじめて胆石と診断される事もあります。

<黄疸>

胆石により胆汁がせき止められてしまうことで、「黄疸」の症状が出る場合があります。
胆汁の色素であるビリルビンが過剰になって身体の各組織が黄色く染まるからです。
採血をしてビリルビンを測定すればわかりますが、肌の色や眼球の白目の部分を見れば自分でも判断できます。

胆石をもっている人で、発熱したりやおなかの痛みなどを感じたら、もしかしたら「胆石のせいかも」と担当医に相談したほうがいいでしょう。黄疸が伴う場合などは早めの診察をおすすめします。

胆石の治療

胆石が胆のう管をふさいで胆のうが腫れてしまったり、高熱を出すことがあります。まず抗生剤治療を行うことがありますが、抗生剤で症状が改善しない場合は、針を刺して胆汁を出す処置を行うこともあります。

総胆管に胆石が詰まり、胆管炎や膵炎になっている場合や、黄疸がひどいときなどには、内視鏡的処置が必要となります。

または、体外からの衝撃波で胆石を破砕するという方法もあります。

手術についてですが、以前は胆のう内の石だけを取る手術がおこなわれましたが、またすぐ胆石ができてしまったり、胆石症により様々な症状が出ることが多いので、今では胆のうごと摘出していまう手術が一般的となりました。そもそも胆石症になってしまった胆のうは機能が不十分になってしまっていることが多いので、摘出したとことによる影響は限られています。ただし摘出後は脂っこいものを控える方がよいでしょう。

胆石があると胆のうガンになりやすいか

胆石と胆のうガンとの明確な因果関係についてはまだわかっていませんが、統計では、胆石症の手術をした患者の3%に胆のうガンがあるといわれています。また、胆のうガンで手術をすると、約60%の患者に胆石が見つかるといわれているなど、何かしらの因果関係はありそうです。

胆石があることで胆のう内で炎症が起きやすくなっており、長期間にわたり、炎症が治ったりまた炎症を起こしたりを繰り返していると、周囲がガン化していくことが考えられます。

胆石の大きさもガン化に関係がありそうなので、胆石のある方は年に1回程度、腹部エコーなどの検査により、胆石の大きさや炎症が起きていないかを確認することをお勧めします。

胆石の予防法は

胆石から発する痛みが、脂肪分の多い食事をした後に多いことでも分かるように、脂肪分の多い食品を控えることが第一の予防法です。ただし、タンパク質の少ない食事は、色素胆石に分類されるビリルビンカルシウム石の成長を促すと考えられているので、極端に肉食を避けるのではなく、比較的脂肪分の少ない鶏肉や魚、大豆製品などからタンパク質を摂取しましょう

さらに食物繊維をたっぷり摂ることが大切です。特にビタミンCはコレステロールを胆汁酸に変える働きがあります。柑橘類、小松菜、ブロッコリー、ピーマンなど、ビタミンCを含む食品を意識的に摂ることをお奨めします。

 

コーヒーは胆石症を予防する効果があると言われています。1日1~2杯を飲みながら、リラックスした時間を過ごすというのが効果的です。

胆石は胆汁が固まることで作られます。症状を重くしないためには、胆石を大きくしてしまわないように、以上のような食事に気を配ることが大切です。

知り合いの胆石持ちの男性で、長年痛んだり苦しんだりした挙句、手術して胆のうを取った人がいます。手術が決まった時の痛さ苦しさは相当だったらしく、「胆石だけは気を付けた方がいいよぉ」と言われていました。

人間ドックにて見つかった自分の胆石は、幸いごく小さく、初期段階のものと思われます。しかし、今回胆石ができる原因などいろいろ調べてみると、自分にも思い当たることが多々ありました。知り合いから、痛いし辛いからならない方がいいと言われましたが、やはり、ガン化の恐怖というものがあります。

これからは食事に気をつけ、小まめに運動にはげもうと改めて気を引き締めました。次回の人間ドックで胆石が成長していないことを祈ります。

まとめ

・胆石の原因は、胆汁のコレステロールが結晶化し、くっつきあって結石したものが多い

・胆石があっても2割程度自覚症状がない場合がある

・胆石の自覚症状としては、右の肋骨の下辺りの痛みなどがあるが、痛む場所は様々である

・胆石のその他の自覚症状は、発熱と黄疸などがある

・治療方法としては、抗生物質投与や衝撃波による粉砕、手術による胆のう摘出などがある

・胆石と胆のうガンとの因果関係はまだ明確化していないが、影響があることはわかってきた

・予防法は、①脂っこいものを控える ②食物繊維を摂る ③特にビタミンCを意識的に摂る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする