坐骨神経痛の対策 |症状によっては意外に簡単に治せるかも?|ウォーキングで改善できた

坐骨神経痛とは、人体の腰のあたりから爪先まで伸びている坐骨神経が、様々な原因で圧迫や刺激を受けることで、腰、臀部、太腿、ふくらはぎ、足先などに、痛みや痺れや張りなどの症状があらわれることを指します。場合によっては痛みや痺れなどにより歩行が困難になることがあります。

スポンサーリンク

坐骨神経痛の原因について

坐骨神経痛は病名ではなく、主に次の2つの原因により起きる症状のことをいいます。

◆椎椎間板ヘルニア

脊椎は椎体という骨によって構成されていますが、錐体と錐体の間には椎間板と呼ばれる、言わばクッションの役割の軟骨があります。この椎間板の中には髄核というゲル状の組織がありますが、これが外にはみ出してしまうのを椎間板ヘルニアと呼びます。このはみ出しが神経を圧迫し、腰痛や脚の痛みやしびれなどを引き起こします。

ひどい場合には足の感覚が無くなってしまい、歩行困難に陥ってしまうことがあります。

中腰や前かがみなどの同じ姿勢を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりすると、 発症する可能性があります。

◆腰部脊柱管狭窄症

脊柱管は背骨の中央にあり、背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通る言わば「トンネル」と言えます。加齢により背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなったりすると、神経の通る脊柱管が狭くなってしまいます(狭窄)。その結果、中を通る神経が圧迫されてしまい、腰痛や脚の痛みやしびれなどを引き起こします。

自分の坐骨神経痛~ある日突然始まった

ここで自分の坐骨神経痛についてお話しします。
自分の場合、なんの前触れもなくある日突然始まりました。キッチンでコーヒーカップを洗っている時でした。若干前かがみで立っている状態です。すると突然、左のお尻から左の太腿裏側にかけて、痺れというかつっぱるような痛みを感じました。はっきりした痛みではありません。鈍い痛みです。今まで味わったことがないような感覚です。

前日まで、同じような姿勢をとることがあってもまったく何ともありませんでした。まさにその日を境に、立っている時や歩いている時などに、痛みや痺れを感じるようになりました。座っている時も多少感じますが辛いというほどではありません。また、横になっている時はほとんど感じませんでした。

2~3日様子を見ていたのですが、症状が変わらないので、これは何か病気を発症したかもしれないと、まず会社の同僚に相談してみることにしました。というのも、その人が以前、長年腰痛で悩んでいたと言っていたことを思い出しからです。その人に自分の症状を言って、これって何だかわからないか聞いてみました。そうしたところ、「それって坐骨神経痛じゃないか」と言われました。実はその同僚もかつて坐骨神経痛になり、いくつかの病院や整体を転々としたそうです。発症から10年ほどかけて改善し、今ではほぼ完治したとのことですが、その間本当に辛かったと言っていました。

え~~10年もかかったのかよ…気が重くなりました。

しかし、別の知り合いも坐骨神経痛になったとのことですが、この人は「特に病院に行かずにいつの間にか治っちゃったよ」と言っていました。

どうやら、同じ坐骨神経痛でも、原因により症状や対策に差があるようです。10年かけて治したという同僚は、椎椎間板ヘルニアのようでした。自分の場合は症状からすると、どうもヘルニアではなさそうな気がしました。

自分のやった坐骨神経痛の対策と経過

病院に行く前に、坐骨神経痛の対策に関していろいろ調べてみました。

運動、整体、治療(薬物治療法、温熱療法、電気療法)、手術、と、症状や原因の差により、とられる対応は様々です。本来は病院で診察を受けてから対策を考えるべきなのでしょう。

でも、ウォーキングとストレッチで改善したという体験談の記事を読んで、自分の症状も軽いから同じようにやってみようと思いました。改善しないようだったら、改めて病院で診てもらおうと勝手に決めました。

今考えてみると浅はかだったなぁと感じます。万が一悪化してたらと思うと冷や汗もんです。

その体験談の中で、「坐骨神経痛は血流が悪くなったことによる筋肉のこわばりなども影響している」という記述がありました。そして、「ウォーキングにより血流がよくなり筋肉のこわばりがほぐれ、坐骨神経痛が改善する」ということです。

さらに、「坐骨神経痛にはストレスも大きく関係していることから、ウォーキングは、いい気分転換になってストレスの発散にとてもよい効果がある」とも書いてありました。

血流の悪化 + ストレスの蓄積 = 坐骨神経痛の悪化

血流の改善 + ストレスの発散 = 座骨神経痛の改善

なんとなく、納得ができるような気がしました。
実は、坐骨神経痛が始まる直前に、ダイエットのためにとステッパーを購入したばっかりでした。しかし、そのような状況で、やむなく使わず放置していました。

ウォーキングだけではなんか物足りないかなぁ、とも感じたので、このステッパーもやってみようと思いつきました。お尻の筋肉を鍛えるといいというのもどこかに記述があったので。ほんと思いつきで…。

しかし、坐骨神経痛は「安静にすることが大事」という記述もあるので、少しでも悪化した場合には直ちに中止しようと決めました。また、痛みや痺れが強い時は全くやらないか、やってもごく軽めにすることにしました。とにかく慎重にやってみようと思いました。

運動対策方針

まずはウォーキング30分ぐらいをしばらく続けてみて、悪化しないようだったら時間をもう少し長めにしてみる。

それでも悪化が見られなければ、ステッパーを5分ぐらいから始めてみて、調子が上向いてきたらすこしずつ負荷を少し上げていく。

① 痛みや痺れの状況により休むこと。
② 症状が改善して、安定しているようであれば少しずつ負荷を上げる。
③ 症状が悪化してきたと判断したら中止する。

というルールで、とにかく2か月間ぐらいやってみることにしました。

初日

太腿とお尻に痛みがあったのですが、やる気満々だったので今さら中止にできるかよってウォーキングを強行スタートしました。そうしたところ、案の定だんだん痛みが強くなってきました。途中で本当にひどくなり戻るに戻れず、仕方がなく歩道の段差のところに座って休むことにしました。
10分ぐらいして痛みが少し和らいできたので再開し、また途中で休憩したりしながら、どうにかこうにか戻って来ました。やはり無理はよくないですね。

2日目~2週間経過後

初日で懲りたので、あまり遠くへ行かないように自宅周辺をグルグル回るコースにしました。

しかしその後、お尻や太腿の痛みはたいしたことなく、15分ぐらいのウォーキングはこなせるようになってきました。

ただ、日によってはお尻や太ももに痛みが強めの時もありました。やっぱりウォーキングではダメなのかなぁと思いつつ、それ以上の悪化はしないのでもっと続けてみようと決めました。

30日経過後

ウォーキング45分ぐらい大丈夫になってきました。ほぼ毎日やっています。
症状は、痛みが時々あるぐらいで、あっても痺れがある感じです。

そろそろステッパーをやってみようと思い、ウォーキングを30分に減らし、ステッパーを10分ほどから始めてみました。

45日経過後

ステッパーがだんだん億劫になってきました。2か月目に入るころはステッパーは3日に一度ぐらいに減ってしまいました。家の中で黙々と踏み台昇降的な運動は継続が難しいですね。ウォーキングはほぼ毎日続けています。痛みや痺れはほとんど起きていません。たまに痺れが出る程度です。

2か月経過後

とりあえず予定通りの2か月間の「運動」対策をやってみましたが、この時点で痛みや痺れはほとんど起きなくなっていました。というか全く起きていません。

症状が軽い場合は自力で改善することもあるということですが、逆にまったく改善しない、それどころか悪化するという場合もあります。まず最初に病院で診てもらうのがベターでしょう。

座骨神経痛の原因は様々

座骨神経痛の原因は様々だと思います。加齢なども影響しているでしょう。もしかしたら椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などが複雑に絡み合って発症するのかな、とも思います。

しかし、長い間の生活習慣が一番の原因なんだと思います。特に姿勢の悪さは相当影響していると思います。姿勢を正して身体の歪みを矯正することは重要です。また、食べ物を噛むときや、バッグなどを肩にかけるとき、足を組むときなどで、左右どちらか偏っていないでしょうか。長い間偏った身体の使い方をしていると歪みが生じ、坐骨神経痛へと繋がっているかもしれません。偏りの癖に気づいたら、左右均等に身体の機能を使うように心がけてください。

その後

ウォーキングはその後もほぼ毎日続けています。ステッパーは殆どやらなくなってしまいました(^^;)。
ステッパーは筋肉に負荷をかけられるのに腰には負担が少なくしかも家の中でできるという点ではいいと思うのですが、自分には継続は難しいです。やっぱある程度楽しくないと長続きしませんね。

とにかく、その後、お尻・太もも・足の痛みやしびれは起きていません。自分では完治したと感じています。治ったのはウォーキングによる血行改善が良かったんだと信じています。
なにせウォーキングを始めるまでは運動らしい運動って何もやってこなかったので、全身相当ナマっていたと思われます。なのでウォーキングだけは今後も継続するつもりです。

ていうか、今ではウォーキング礼賛者と化しています。ウォーキングは成人のための健康増進のために最良の方法だと思っています。ウォーキングについてはこちらで詳しく解説しているので、よかったら覘いてみてください。

まとめ

・坐骨神経痛の主な原因には、椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症などがある。

・両者の原因により症状や処置方法が異なる。

・症状が軽い場合などはウォーキングなどの運動により改善することがある

・まずは病院で診てもらい正しい治療をするのが望ましい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする